代表取締役

ディラン カスバート

Dylan Cuthbert

イギリス出身。17歳でアルゴノート・ソフトウェア(現アルゴノートゲームズPLC) にプログラマーとして就職。アルゴノートと任天堂株式会社との契約により、任天堂へ。任天堂でゲームボーイ用ソフト『X』、スーパーファミコン用ソフト『Starfox』 の開発に携わる。その後、SCEAを経てSCEJに入社、PlayStation2の技術デモである 『お風呂に浮くアヒルちゃん』を制作。> その当時の記事

そして、2001年9月有限会社キュー・ゲームスを立ち上げる。これまでに、 任天堂発売の『bit Generationsシリーズ: デジドライブ(GBA)』『スターフォックスコマンド(DS) 』、『X-RETURNS(DSiウェア)』、『スターフォックス64 3D(3DS)』、自社パブリッシュの『PixelJunk™シリーズ』全タイトル、SIEJと共同開発の『トゥモローチルドレン(PS4)』、最新作として、PS4、Nintendo Switch、 PCで『PixelJunk™ Monsters 2』をリリース。

 

私は1982年に、故郷イングランドでホームコンピュータを手にして以来、いろいろなマシンでずっとゲームを作り続けてきました。Sinclair ZX-81、Spectrum、BBC Micro、Amiga、Gameboy、Super NES、PC、PlayStation®、PlayStation®2、Nintendo DS、PlayStation®3、Nintendo 3DS、PlayStation®4、Nintendo Switch、そしてApple ArcadeやGoogle Stadiaといった最新のプラットフォームでも。

30年以上、マシンとプラットフォームの進化に向き合ってきましたが、ゲーム業界の弛みない革新の連続には、今なお驚かされ続けています。このような変化の中にあっても、私とQ-Gamesにとって常に変わらない事は、最先端の技術を使い、その技術の限界を超える最高のビジュアルクオリティとゲームプレイを引き出していくという事です。

これこそがゲーム業界全体の発展に必要不可欠なものだと考えます。それは、ゲームボーイ用3Dポリゴンエンジンの開発であろうと、PS4用ボクセルコーンレイトレーシングの開発であろうと、あるいは快適にプレーヤーを走り回らせるというシンプルな操作設計であっても、変わらず重要な事なのです。常に最先端で、最高水準を保ち続けることが私の「存在理由」と言えます。