未来のゲームを創りませんか?

ここでは、キュー・ゲームスがこれまでやってきたこと、そして今後やろうとしていることをご紹介します。

iOS AppleArcade専用「Frogger in Toy Town」

㈱コナミデジタルエンタテインメントよりリリースされたAppleArcade用「Frogger in Toy Town」の開発に携わりました。くずれる積み木や倒れる本といったヒトにとってはちょっとした事もカエルの世界では大きな脅威。障害をよけながら前へと進むシンプルな遊びはそのままに、懐かしの名作「フロッガー」が装いを新たにApple Arcadeに登場しました。

 

iOS / Android 「Stickey Bodies」

PixelJunk™シリーズ最新タイトル『Sticky Bodies』は、シュールな世界を舞台に食べられるだけでポイントがゲットできる、なんともユニークなゲームです。ベタベタ人をくっつけ、まとめてパクっ!喉越し爽快アクションをぜひご体験ください。App Store / Google Play Store にて配信中です。

 

 

株式会社バンダイナムコエンターテインメント様より本日発売されました『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』において、弊社も一部技術協力させていただきました。

PS4 / Steam / Switch「PixelJunk™ Monsters 2」

「PixelJunk™ Monsters 2」を5月24日に配信開始いたしました!オンラインで最大4人協力プレイも可能!Nintendo SwitchPlayStation4Steamで展開し、販売はスパイク・チュンソフトです。

iOS / Android「Eden Obscura」

PixelJunkシリーズ『Eden Obscura』を開発しました。『日常』『カメラ』『ゲーム』の三つを融合させた、新たなアート世界の冒険へと足を踏み出しましょう!詳細はこちら

PS4 「PixelJunk VR™ Dead Hungry」

PC版として好評を博したPixelJunk VR™ タイトル第一弾 『Dead Hungry』がPlayStation VR版として帰ってきました。基本のゲームスタイルはそのままに、PlayStation VR用としてMove、そしてDualShock4のどちらでも快適にプレイができるように調整を行っています。PlayStation Storeにて好評配信中です。

PC (VR専用) 「Dead Hungry」

フードトラックのシェフとなり、自慢のレシピでゾンビを満腹にし人間の心を取り戻させるのが使命の一味違うVRアクションゲーム『Dead Hungry』は、Q-Games初のVRタイトルとして、社内で開催されたゲームジャムをきっかけに誕生しました。リリース前の2016年7月に京都で開催された【BitSummit 4th】では、ご来場いただいたユーザーの皆様より多くの賞賛をいただき、《POPULAR SELECTION AWARD》と《MEDIA HIGHLIGHT AWARD》の2冠を獲得。そしてリリースに向けさらに磨きあげられ、新たにPixelJunk™ VRのシリーズ第一弾として製品化されました。12月6日よりSTEAMをはじめ、各PCゲーム販売サイトより好評配信中です。

PS4 「The Tomorrow Children (トゥモロー チルドレン)」

SIE JAPAN StudioとQ-Gamesが作り上げたPlayStation4®専用ソフト『The Tomorrow Children (トゥモロー チルドレン)』。正式な配信スタート前から、ユーザーの皆様にもご参加いただいたアルファテスト/クローズドベータテスト/オープンベータテストを経てリリースを迎えました。全世界のプレイヤーと共に、滅亡の危機にある世界で「人類の復活」という目的に向かって労働活動をしていくオンライン専用のソーシャルアクションゲームです。

Steam 「Nom Nom Galaxy」

PixelJunk™ シリーズの最新作”inc.”として開発経緯を公開してきた今作が、「Nom Nom GALAXY」として装い新たに登場。正式版としてのリリース前に、より多くのファンから支援や意見を募ることで、さらに面白いゲームにしていくEarly Access版としてリリースされる、シリーズ初の試みです。ゲームの舞台はとある宇宙の最果ての地!ロボ社長の運営するスープ会社の社員として、担当の惑星でスープをつくり、輸送し、宇宙スープ市場の独占を目指す「2D・スープバトル・アクションゲーム」です。2014年3月14日(金)より、SteamStoreにて好評配信中です。